2020/03/24公開 西川瑞希 BEAUTY TRIP

西川瑞希が湯西川温泉かまくら祭と大谷資料館を女子旅!幻想的な光景に感激【BEAUTY TRIP in 栃木 Vol.3】

栃木県の県北にある「湯西川温泉」をご存じですか?実はここ、冬は雪深く、毎年「かまくら祭」が開催されているのです!
関東でかまくら祭り!?いったいどんなお祭りなの!?…ということで、苗字が「西川」というご縁の持ち主で、人気ファッションブランド『Cherie Mona シェリー モナ』のファッションディレクター・デザイナーを務めながら、ビューティー雑誌『VOCE』(講談社刊)のビューティーインフルエンサー"VOCEST!"としても活躍中のモデル・タレントの西川瑞希がファンと一緒に女子旅に行ってまいりました♪

湯西川温泉ってどんなところ!?

栃木県日光市の県北にあり、東武鬼怒川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで約50分の山間の温泉地。平家の落人伝説が息づく温泉街です。
今回お邪魔した「彩り湯かしき花と華」の温泉は無色透明の少しぬるっとしたアルカリ性のお湯でお肌もつるつるになるので女子旅にはぴったり♪
楽天トラベルが調査した「美肌の温泉地ランキング2016」では1位を獲得しています。

囲炉裏料理が有名!

夕食は、平家落人の伝統を今に引き継ぐ囲炉裏を囲む「平家お狩場焼」。地鶏串や鹿沼玉こんにゃくなどを囲炉裏で焼きながらいただきます。中でも自家製味噌の一生ベラの囲炉裏焼は最高のお酒のおつまみ!他にもA5ランクの栃木和牛の鉄板焼きや生湯葉など栃木の名物を堪能できますよ♪
普段とは一味違った体験に女子トークも弾みます♪

湯西川温泉かまくら祭へ!

今回で27回目を迎える冬の風物詩。平家のロマンを伝える観光施設「平家の里」がメイン会場となり、2009年(平成21年)に「日本夜景遺産」に認定された沢口河川敷のミニかまくらを中心とし、湯西川温泉全体で楽しめるイベント。メイン会場の「平家の里」(有料)には、ミニかまくらが並び、夜はミニかまくらにロウソクを灯し、里全体を温かくライトアップします。
銀世界の中に浮かぶ小さな光がとても幻想的な雰囲気を醸し出し、瑞希も心がほっこり癒された様子。

大きなかまくらも発見!
例年1000個以上のミニかまくらが作られるということですが、あいにく今年は暖冬。雪不足の影響で規模が縮小していましたが、例年の様子はこんな感じだそう。
あたたかな光に癒されますね。規模は縮小していたものの、参加者からは「ぜひまた他の年に来てみたい!」と好評でした。


そして、栃木に来たならぜひ一緒に訪れていただきたいのが、巨大な地下神殿のようだと話題の「大谷資料館(おおやしりょうかん)」。

大谷資料館

資料館といっても堅苦しい場所ではなく、大谷石の採掘をした地下採掘場跡にできた、まるで巨大地下神殿。2万平方メートルにも及ぶ大空間で、深さは30m、最も深いところでは地下60mもあるという巨大な地下空間なのです。
大谷資料館に近づくと、石の採掘場後だったことがうかがえるような、切り立った岩肌の山が増えてきます。
入口をから地下に続く階段を降りると、中にはプロジェクションマッピングやアートの展示もされていて、まるで巨大なミュージアム!
「こんな場所が地下にあるなんて驚きでいっぱい!」と瑞希も感激したよう
どうでしたか?
意外と知られていない栃木県内最大規模のスノーフェスティバル「湯西川温泉かまくら祭」と巨大地下神殿のような「大谷資料館」。女子旅を計画する際は幻想的な風景が味わえる栃木の2つのスポットにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか♪

【取材・撮影協力】
■ 湯西川温泉 彩り湯かしき花と華
住所:栃木県日光市湯西川温泉601
電話:0288-98-0321
HP:https://www.yunishigawa.co.jp/

■湯西川温泉かまくら祭
HP:https://www.tochigiji.or.jp/event/1064/

■大谷資料館
住所:栃木県宇都宮市大谷町909
電話:028-652-1232
HP: http://www.oya909.co.jp/


■西川瑞希 公式ブログ
https://lineblog.me/mizukitty/
■西川瑞希 公式Twitter
https://twitter.com/mizukitty921116
■西川瑞希 公式Instagram
https://www.instagram.com/mizuki_nishikawa_/
■西川瑞希 公式YouTube
https://www.youtube.com/user/MizukittyV

関連する記事

この記事のキーワード