2019/11/26公開 ニュース

おねぇタレント “ゆしん” が『ミスインターナショナルクイーン日本大会2020』にて3位&特別賞受賞!「一人一人が個性を持ち輝くという事を信じています」

おねぇタレントのゆしんが21日、東京・恵比寿のアクトスクエアで開催された『MISS INTERNATIONAL QUEEN JAPAN 2020』にて、3位&特別賞に輝いた。
本大会ではウォーキング、水着審査、パフォーマンス審査があり、リップシンクのパフォーマンスを行う出場者が多い中、ゆしんは自身のカバー曲『裸~Nude』の生歌を披露。ゆしんを含めた3名がファイナリストに選出された。
ファイナル審査では “スピーチ” が求められた。各々に与えられたテーマは自分の順番が来るまで確認する事が出来ず、一瞬で考えを纏める必要があるため、理解力や表現力、先見性が求められる難易度の高い審査であった。
ゆしんは『トランスジェンダーの未来に向けての想いと希望』をテーマに
「人間は皆、暗闇から光の世界へ産まれ、全ての人が同じスタートラインに立っていると私は思っています。輝く色は違うけれど一人一人が個性を持ち輝くという事を信じています。世界中のトランスジェンダー含め個性をもつ皆が挫けずに努力し、そして何より自分を信じ続ける気持ちをもっていれば、私はその全ての人たちの未来が明るいものになると思います。一人一人の気持ちで未来は変わります。私はこれからも未来を担う一人として、メッセージを発信し続けられるよう、頑張ります。ありがとうございました」
と語った。

今回ゆしんが自分の言葉で堂々とスピーチできたのは、自身が各地で行っているLGBTQXについての講演会などで、自分の経験談を含め “自分らしく生きる” ことを常日頃から発信し続けているからこそできたものであろう。

今回クイーンには選ばれず悔しい思いをしたゆしんだが、これからも過去の自身と似た境遇の人々の力になるべく強い信念をもって、講演会をはじめ様々な活動をしていくとのこと。

“自分らしく生きる” 大切さをこれからも伝え続けていってほしい。

また、『MISS INTERNATIONAL QUEEN JAPAN 2020』の模様は12月8日 (日) 20:30~21:00 にMXTVにて放送されるので、要チェックだ。

関連する記事

この記事のキーワード