2018/09/25公開 ニュース

和楽器バンド、2年連続で「和楽器サミット」のメインアクトとして平安神宮ライブを開催!

和楽器バンドが9月23日(日)、24日(月・祝)の2日間、「和楽器バンド 平安神宮単独奉納ライブ in 和楽器サミット2018」を開催した。「和楽器サミット」とは、文化庁の京都移転決定(移転時期:遅くて平成33年度中、移転先は東山区の京都府警内)にともない、「日本文化の顔」から「日本文化を発信する窓」に生まれ変わる京都市の全面協力のもとで昨年初開催された、日本最大の和楽器フェス。

今年は和楽器バンドが平安神宮単独奉納ライブのみならず、世界遺産二条城二の丸御殿台所会場についても和楽器サミット実行委員会とタッグを組んで監修を担当。和楽器バンドのメンバーで和太鼓を担当する黒流が、二条城会場の「和太鼓パフォーマー無限」と「疾風」のそれぞれの演目において特別ゲストとして出演するなど、和楽器バンドファンにも必見のパフォーマンスが世界遺産二条城の重要文化財「二の丸御殿台所」を舞台に繰り広げられた。
そして「和楽器サミット」のメインアクトを2年連続で務め、平安神宮の特設ステージに立ったのが和楽器バンド。鈴華(Vo)は「特別な場所で特別な時間を作り上げよう!」と、11月14日に発売する3rd Single「細雪」や「千本桜」、そして和楽器バンドならではの演出となる詩吟や剣舞など全17曲をパフォーマンス。幻想的な雰囲気の中、2日間で延べ8,000人を魅了した。

また昨年に続き、和楽器バンドの平安神宮単独ライブが「東京2020参画プログラム」に認定されたことも発表。「東京2020参画プログラム」とは、東京2020大会の機運醸成に向けた参画を促進し、レガシー創出に向けたアクションを推進するためのもので、和楽器バンドの平安神宮単独ライブがそれにふさわしい行事として認定された。

関連する記事

この記事のキーワード