2018/07/27公開 ニュース

音楽と星空、暗闇が共鳴したmoumoon「Happy Summer Acoustics! ~LIVE in the DARK~」閉幕

7月20日、moumoon(ムームーン)は「Happy Summer Acoustics!」と題したアコースティックツアーのファイナルを、東京・コニカミノルタプラネタリウム”天空”にて終えた。
本ツアーでは石川・金沢21世紀美術館シアター21、京都・紫明会館と特別で上質な会場にてライブを届けてきたが、ファイナル公演ではコニカミノルタプラネタリウム"天空"にて不定期開催されている「LIVE in the DARK」とのコラボレーション公演として行われた。

「LIVE in the DARK」は音楽と星空、暗闇が共鳴する新しい音楽エンターテインメントとして不定期開催されている人気イベントで、アーティストの生演奏を聴きながら星空に包まれるという、なんともロマンチックな企画だ。
開演時間になると、茜色の夕景が投影された会場にmoumoonとサポートメンバーeji(pf)の3人が登場。

演奏が進むにつれて上空はやがて夜空へと変化し、3曲目の「Tiny Star」を歌う頃には満天の星が輝き出す。

暗闇に包まれた会場で、来場者はmoumoonの音楽と星空を心地よく味わっていた。

YUKAはMCで「今投影されている星空は、2006年7月26日の空です。この日はmoumoonが初めて世の中に音楽をリリースした日。あれ以来、私たちmoumoonは"月や星"の楽曲をたくさん創っています。月や星を見上げているとホッとできるし、ちっぽけな悩みも吹き飛ばしてくれる。」と話した。

ライブ後半には幾何学的な模様が飛び交う「cocoon」、美しいオーロラが広がる「ハレルヤ」など星空以外が投影された曲もあり、幻想的な空間が演出された。

最後の曲「Triangle」では、次第に夜空から朝焼けへと移り変わり、大きく手を掲げたYUKAのシルエットが天体に映し出された。

美しい星空と心にダイレクトに響く音楽で、想像力を掻き立てられる「Happy Summer Acoustics! ~LIVE in the DARK~」は幕を閉じた。
- セットリスト -
01. summer time
02. moonlight
03. Tiny Star
04. 星に願いを (When You Wish Upon A Star) ※cover
05. Hello, shooting-star
06. 声
07. cocoon
08. ハレルヤ
09. Do you remember?
10. Triangle

Official Site:http://www.moumoon.com/
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40moumoon
Twitter:https://twitter.com/moumoon_staff
Instagram:https://www.instagram.com/moumoon_jpn/

関連する記事

この記事のキーワード