2017年10月9日 公開

moumoonデビュー10周年記念ライブ『FULLMOON LIVE SPECIAL 2017 ~中秋の名月~』クイックレポート

10月8日(日)、moumoonにとって約2年ぶりの単独公演となる『moumoon FULLMOON LIVE SPECIAL 2017 ~中秋の名月~』東京編が赤坂BLITZにて開催された。
夜空をイメージしたステージバックには真ん丸な月が浮かび、ライブの始まりを今か今かと待ち望んでいる。会場のBGMが鳴りやみメンバーが現れると、ショータイムの始まりだ。
曲の幕開けを飾ったのは、YUKAのアカペラが尊く響く「LOVE before we DIE」だ。幻想的な空気が会場を包み込み、一気にmoumoonの世界に引きずり込んでいく。時折目を合わせて演奏する姿は、お互いの緊張を緩和しあっているように見えた。
デジタルパーカッションが効果的に使われている「フィリア」、静かな激情が胸に押し寄せる「Don't wanna be」など数々の曲を演奏していく。
イントロが流れてもっとも歓声があがったのは「ANESSA」のCMソングにも起用された「Sunshine Girl」。楽しそうに伸び伸びと歌うYUKAの姿は、幼い少女のように麗しく可憐だ。続く「花咲く場所」は、まだどこにも出していない新曲である。日本語の美しさを追求したような歌詞が、ピアノの伴奏にのって力強く響いた。
「Cinderella」はMasakiとYUKAのアコースティックアレンジで披露。たった2人から生み出される音楽は壮大で、あっという間に会場の空気を違う色に染め上げていく。色々なことがあった10年間を思い出すように音を紡ぐ姿は、自らの音楽の始まりを思い出しているようだった。10年前の出会いのあの日を。
その後もアップチューンな「DREAMER DREAMER」、自身の1stシングルである「Do you remember」と演奏していく。本編のラストを飾ったのは「Never look back」だ。演奏がどの曲よりもパワフルで真っすぐだったのは、「ここからまた進んでいく」という決意がこの曲にこめられていたのではないだろうか。
ほとんどMCを挟まないまま全17曲を演奏し、本編は幕を閉じた。
10月15日(日)には大阪編、10月21日(土)には上海編の開催が決定している『moumoon FULLMOON LIVE SPECIAL 2017 ~中秋の名月~』。彼女らがどんな表情を見せてくれるのか、今から楽しみである。

■moumoon オフィシャルホームページ

http://www.moumoon.com/

■YouTube moumoonチャンネル

https://www.youtube.com/user/moumoonchannel

■moumoon 公式LINE

https://line.me/R/ti/p/%40moumoon

■moumoon オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/moumoonblog/

■moumoon STAFF Twitter

https://twitter.com/moumoon_staff

■moumoon Instagram

https://www.instagram.com/moumoon_jpn/

■YUKA Twitter

https://twitter.com/moumoon726YUKA

■YUKA Instagtram

https://www.instagram.com/yukamoumoon/

■Masaki Twitter

https://twitter.com/moumoon_masaki

関連する記事 こんな記事も人気です♪

詳細を見る

宇野実彩子、Niki、moumoon YUKAの三者三様!個性たっぷりネイルサンプル大公開!

皆さん、突然ですが... 「今日の手元は何色ですか?」 季節に合わせて、ワンカラーという人もいれば、 乙女系、アート系、デコ系などオリジナルに富んだデザインを楽しんでいる人もいますよね。 ファッションで何となくその人の...
詳細を見る

moumoon

moumoonとは、フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った、'やわらかい月'という意味の造語。 Vo,YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジの効いた唯一無二の歌声と、Gt,M...

この記事のキーワード