2018/03/26更新 ARTIST

信近エリ

ノブチカエリ
信近エリ
1985年福岡県生まれのシンガーソングライター。

17歳の時にソニーミュージックに送ったデモテープを きっかけに、SDオーディションへ参加し約2万人の出場 者の中から最多のオファーを受けソニーミュージックア ソシエイテッドレコーズと契約。

2004年に大沢伸一の全面プロデュースによる「Lights」でデビュー。2005年に 1stアルバムとなる「nobuchikaeri」をリリース。

2009年に2ndアルバム「hands」をリリース。 さかいゆう、大橋トリオ、高田蓮、沖仁、小島大介(Port of notes)らのプロデュースのもと楽曲制作を行い、自ら 作曲も手掛けた。

2015年、rhythm zoneと契約しアーティスト活動を再開。 フジテレビの音楽番組『水曜歌謡祭』にレギュラー出演 したことでも話題になった。

2016年11月2日、rhythm zone 第1弾作品『III -THREE-』をリリース。本作には、長谷川京子主演のドラマ『ふれなばおちん』の挿入歌や、「Google Play Music」のCMタイアップ曲、「Woman」のカヴァーなどを収録し妖艶かつ憂いに満ちた歌声と独創的な歌詞が高く評価されている。2016年末には、全日本バレーボール 天皇杯での国歌斉唱歌手に抜擢されるなど、唯一無二の歌声が各方面から高い評価を受けているアーティスト。
信近エリ Official Website - avex
信近エリ 公式ブログ Powered by LINE
信近エリ - Eri Nobuchika - ホーム | Facebook
信近エリ (@nobuchikaeri_official) ・Instagram photos and videos
信近エリ Official - YouTube

関連する記事

この記事のキーワード