2015/10/28公開 ライブレポート

若きシンガーソングライター戸渡陽太が元BEAT CRUSADERSのドラマー マシータに勝負を挑んだ自主企画ライブ『戸渡陽太10番勝負』。激しい応酬となった第2回目のライブレポート。

元BEAT CRUSADERSのマシータに勝負を挑む 『戸渡陽太の10番勝負』第二回 ライブレポート

活動拠点の地元福岡から、日本全国に向け、
2枚のEP「プリズムの起点」と「世界は時々美しい」を放った
23歳のシンガーソングライター、戸渡陽太。

そんな彼が、名だたるドラマーとステージ上で一対一のセッションを繰り広げるべく、
東京で初めてスタートさせた自主企画ライブ「戸渡陽太の10番勝負」。
8月27日(水)に渋谷のライブハウス、La.mamaでGreat 3の白根賢一をフィーチャーした
第一回から会場を下北沢のSHELTERに移した第二回目にフィーチャーしたのは、
元BEAT CRUSADERSのドラマー、マシータ。

果たして、先輩ミュージシャンの胸を借りた戸渡陽太の音楽修業の行方やいかに...

エモーショナルなドラムにあおられて、 ステージ上で爆発する戸渡陽太の音楽世界

いつものオープニングSEである
フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの「アコーディオン弾き」が
流れるなか、ステージに立った戸渡陽太とマシータ。

序盤はファンキーな楽曲が並ぶ。ただし、ドラマーが変わると
グルーヴも大きく変わる。1曲目の「SHIKISAI」は、繊細なドラミングから
徐々に音数が増え、ラテン的なリズムで高揚。続く、「SOS」は16ビートの
リズムを噛みしめるように叩くことで、粘っこいグルーヴが生み出される。
そして、グルーヴが変われば、戸渡陽太の歌もよりソウルフルに。

さらにマシータが客席にハンドクラップを要求すると、会場のテンションもアップ。
3曲目の「ギシンアンキ」では、マシータのアグレッシブなドラムが炸裂し、
それに応えて、戸渡が畳みかけるような歌とギターで応戦するバトルモードに突入した。
そして、
親子ほどの年齢差がある23歳の戸渡と43歳のマシータが2人とも息を切らせながらのMC。
4回行ったというリハーサルは、マシータの飛び散る汗が戸渡の口に入るほどだったという。

4曲目は、まだまだ話したそうなマシータを、戸渡が制して、「探せ」の演奏をスタート。
原曲のレゲエのリズムはマシータが叩くと、跳ねたグルーヴに生まれ変わる。

さらに5曲目は前回も披露した新曲「Take It Easy」。しかし、イージーさは微塵もなく、
戸渡は前に歩み出て、ギターをかきむしり、マシータはさらに火に油を注ぐようなドラミング。
その勢いはとどまるところを知らず、続く「マネキン」、「諸行無常の世の中で」は
パンクロックばりに手数が多い怒濤のドラムに、戸渡は歌とギターで感情を爆発させた。

歌の奥底から引き出された激しい感情の行方

そして、再び息を整える2人。真面目な話をしようとした途端、マシータに突っ込まれ、
口べたな戸渡のMCは総崩れ。そんな先輩ミュージシャンのいじりもまた10番勝負ならでは!?

しかし、ラストの「世界は時々美しい」は一端ゆるんだ会場の空気をぎゅっと引き締める。
ドラムの一音一音に感情を込め、静から動へ。エモーショナルな演奏で頂点を極めると、
ステージ上での握手で本編を締めくくると、アンコールはギターを手に戸渡が一人で登場。
披露されたのは「あなたの中を旅したい」。強弱をつけ、歪んだギターとささやき声とシャウトを行き来し、
ギター一本で会場を釘付けにする圧巻の演奏でライヴを締めくくった。

この日は多様な歌の奥底にある激しい感情を白日の元にさらした戸渡陽太。
もちろん、それを引き出したのはマシータの激しく濃密なドラムがあってこそ。
ライヴで曲を叩き上げ、引き出した感情は彼の音楽世界をさらに大きく豊かに育んでいくことだろう。
三回目となる次回10番勝負は、10月29日(木)に下北沢のライブハウス、SHELTERにて、
日本屈指のドラマー、河村"カースケ"智康を迎えて行われる。

彼が繰り広げる音楽の真剣勝負の立会人として、ぜひ会場に駆けつけていただきたい。
【Photo by 深野輝美】
2015.9.30 『戸渡陽太10番勝負』 ~Vol.2~
戸渡陽太 with マシータ(ex- BEAT CRUSADERS)


01.SHIKISAI
02.SOS
03.ギシンアンキ
04.探せ
05.Take It Easy
06.マネキン
07.諸行無常の世の中で
08.世界は時々美しい
E1.あなたの中を旅したい

自主企画ライブシリーズ『戸渡陽太10番勝負』

~Vol.3~ 戸渡陽太 with 河村"カースケ"智康
■日時:10月29日(木)OPEN 18:30 START 19:00
■会場:下北沢SHELTER <http://www.loft-prj.co.jp/SHELTER/>
■料金:前売¥2,000 +1ドリンク
■出演:戸渡陽太 with 河村"カースケ"智康
    airezias<http://airezias.com> / とけた電球<http://www.toketadenkyu.com>
●問い合わせ:下北沢SHELTER 03-3466-7430
~Vol.4~ in 福岡 戸渡陽太 with アヒト イナザワ
■日時:12月10日(木)OPEN 18:30 START 19:00
■会場:福岡 the voodoo lounge <http://voodoolounge.jp>
■料金:前売¥2,000 +1ドリンク
■出演:戸渡陽太 with アヒト イナザワ(VOLA&THE ORIENTAL MACHINE) / ex NUMBER GIRL /
    uchuu / BOGGGEYCHANG
●問い合わせ:BEA 092-712-4221

【戸渡陽太 プロフィール】

枠に収まらない感性の放出で歌を紡ぎ出し、唯一無二な声を武器に独自の世界へと引き込む、福岡県出身のSSW。 2014 年ロッキング・オン主催のコンテストRO69JACK にて入賞。同年11月には初のミニアルバム「プリズムの起点」を発売。プロデューサーに深沼元昭氏(Plagues / Mellowhead / GHEEE)を迎え、ソリッドなバンドサウンドを取り入れたアプローチで新たなシンガーソングライター像を提示している。


■戸渡陽太 オフィシャルサイト
http://www.towatariyota.com/

■twitter
https://twitter.com/towatariyota

■facebook
https://www.facebook.com/towatariyota

関連する記事

この記事のキーワード