2017年12月27日 公開

友希、杉恵ゆりか、信近エリ、中村月子、期待のシンガーソングライターが極上のクリスマスプレゼント 「Livin’ on Live Vol.4」【SINGER SONG WRITER編】レポート

エイベックス・エンタテインメント主催、“ライブに生きる!!”をテーマに次世代アーティストが集結するライブイベント「Livin' on Live vol.4」が、12月22日(金)に代官山SPACE ODDにて開催された。9月より月に1度のペースで開催されている本イベント。
【BAND編】【DANCE VOCAL WOMAN編】【DANCE VOCAL編】に続く第4回目は、【SINGER SONG WRITER編】と題し、今、注目を集める女性シンガーソングライターの杉恵ゆりか、信近エリ、中村月子、友希が出演。それぞれの個性が発揮されたステージで、クリスマス一色に染まったこの日を華やかに盛り上げた。
イベントのトップを飾ったのは、女性の本音をポップ&キュートに歌い上げるシンガーソングライターの杉恵ゆりか。福岡丈明(Gt.)を迎え、クリスマス定番曲「The Christmas song」のカヴァーで観客たちを一気に惹きつけ、広島弁交じりで観客たちとラフに接しながら「初めての人が多いかな? 知らない曲だとは思いますが、心を込めて歌って演奏しますので楽しんでいってくださいね」と、赤裸々な心情が綴られたポップナンバー「むねのうち」や「キスの前みたいに」を感情豊かに届ける。新曲の「キラキラ都市」では観客たちのハンドクラップをリズムに加えてハッピーな一体感を作り出し、ラストはこの日初披露となったバラード「風邪ひくなよ」で、アウトロに「Silent Night」を織り交ぜたクリスマス仕様のアレンジ。彼女の人柄まで伝わるスペシャルなステージで、会場中に心地よい余韻を残した。
続いて登場したのは、2015年に6年の沈黙を破り歌手活動を再開させ、昨年7年振りとなるミニアルバム『III-THREE-』を発表して話題を呼んだ信近エリ。
“引き返せない恋の痛み”をテーマに書き下したミディアムナンバーの「君の声を」を歌い上げると、割れんばかりの歓声と大きな拍手に包まれた。「今日の出演者は女性ばかりで女祭りですね。
めいっぱい楽しんでいただけたら」と笑顔で挨拶。
続くは昨年「Google Play Music」CMソングに起用されたポップナンバー「Everybody needs love」を軽快に歌い、観客たちもハンドクラップで応えた。
ラストは「クリスマスということで、みんなが知ってる曲がいいなと思って」と、マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」をカヴァー。
地声から超高音ファルセットまでの音域と至難のメロディーラインを持つクリスマスの名曲。
マライア節まで見事に再現されたその歌は、もはや「圧巻」のひと言だった。
3番手には、昨年東方神起のリミックス・アルバム『Two of Us』に作曲、ボーカル、ギターで参加し、注目を集めた期待のシンガーソングライターの中村月子が登場。これまでの雰囲気が一変、バンドスタイルで「むし」「ヒメゴト」「汚れたシャツ」と、自身もエレキギターをかき鳴らしながら、ロックかつどエモーショナルな歌を放ち、観客たちを一気に自身の世界観へと誘う。MCでは「みんな元気? 怖そうに見えるでしょ、化粧も濃いし(笑)。でも今日ね、みんなに会えるの楽しみにしてたの。だから楽しんで帰ってや~」と滋賀出身の関西弁でフレンドリーに接しながら、続く「髪先15センチ」「昔話」では、一転して鬼気迫るステージングと心に突き刺す歌声で、聴く者をゾクゾクさせる。ラストは開放感に満ちたミディアム「新しいうた」を熱唱。
強烈な中毒性を持つ中村月子の音楽を存分に解き放っていった。
この日のトリには、声優ユニット「i☆Ris」で活躍する若井友希が、シンガーソングライターの友希として登場。ひと際大きな歓声で迎えられた中、キラキラしたポップチューン「Growing days」からスタート。「友希としてステージに立つのは2度目で本当に嬉しい」と感激しながら、和の雰囲気をまとったアニメ『義風堂々』エンディングテーマ「Last Moment」を表情豊かに歌い上げ、観客たちを魅了した。「クリスマスも近いので1曲。意外性のある歌で」と、桑田佳祐の「白い恋人たち」をキーボードで弾き語り。冬を彩る珠玉曲の披露に、サプライズと感動が会場いっぱいに広がった。そして「私が悩みや壁にぶち当たったとき、友達やメンバー、ファンから元気とパワーをもらえる。今度は悩みや不安を持つ誰かの背中を私が押してあげたいと思って書いた曲です」と、自ら作詞作曲を手掛けた「君に伝えたいこと」を、等身大のメッセージがそのまま伝わる歌で、観客たちへエールを送った。ラストは、「この曲に出会ったのは運命。大好きな歌です」という新曲「さよならの風」を初披露。別れの切ない歌詞にも爽やかなメロディを持つポップチューンでハッピーな一体感を作り出して、この日を締めくくった。
無限の可能性を感じさせる期待のシンガーソングライター4組の競演で、2017年のクリスマスシーズンを心温かくした「Living’ on Live Vol.4」。次の開催時はどんな競演が観られるのか、今後もぜひ注目して欲しい。



Photo:白石達也



++++++++++++++++++++++++++++++++++



<12/22(金)「Livin’ on Live Vol.4」セットリスト>



杉恵ゆりか

1.The Christmas song

2.むねのうち

3.キスの前みたいに

4.キラキラ都市

5.風邪ひくなよ



信近エリ

1.君の声を

2.Everybody needs love

3.All I Want For Christmas Is You



中村月子

1.むし

2.ヒメゴト

3.汚れたシャツ

4.髪先15センチ

5.昔話

6.新しいうた



友希

1.Growing days

2.Last Moment

3.白い恋人たち

4.君に伝えたいこと

5.さよならの風



+++++++++++++++++++++++++++++++++++



<INFORMATION>



■「Livin’ on Live Vol.5」開催決定!!



2018年1月26日(金) 代官山SPACE ODD 18:30開場 / 19:00開演

出演:α-X’s(出演メンバー:Bチーム+ゲスト<未定>) / BE×DUNK / INTERSECTION

チケット料金:2,500円(税込) ※別途1DRINK必要



■チケット先着先行予約 受付中!

受付期間:受付中~2018年1月8日(月・祝)23:59迄

お申込みURL:http://w.pia.jp/p/lol5-bd/



■お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00-18:00)

http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=1795



■Livin’ on Live 公式Twitter

https://twitter.com/Livin_on_Live

関連する記事 こんな記事も人気です♪

詳細を見る

「大流行中の“スウェット”!! アナタはどう着る? 」 10人の楽チンおしゃれスウェット大公開!〜PART1〜

トレンドのスポーティスタイルの流れにのって、大流行中の“スウェット”。 モードシーンでも、コレクションに登場したりと もはや「ラフなカジュアル着」のイメージではなく、 トレンドセッターに躍り出ているんですよ。 とは言っても...
詳細を見る

信近エリ

1985年福岡県生まれのシンガーソングライター。 17歳の時にソニーミュージックに送ったデモテープを きっかけに、SDオーディションへ参加し約2万人の出場 者の中から最多のオファーを受けソニーミュージックア ソシエイテッドレコ...
詳細を見る

秋のトレンドは......「シマシマ女子!?」あなたは"ボーダー"?それとも"ストライプ"?

すっかり秋めいてきました。 さぁ、ファッションも秋支度しなきゃというアナタ。 今年は、「シマシマなオンナ♪」に変身してみませんか? 「シマシマ」=「ボーダー&ストライプ」 を味方につければ、上品なのにトレンド感がぐんとアッ...
詳細を見る

秋冬おしゃれの大本命は......?旬スタイル"レトロ"で決まり!

いよいよ秋冬おしゃれも本番。 今年らしいファッションって......? と悩みますよね。 昨年の秋冬は、 シンプルで大人っぽい"エフォートレス"な装いが人気だったけれど 今年は、ベーシック路線からは変化...
詳細を見る

あのアーティストも!?巷で人気の「カメラ女子」ブーム到来!?

オシャレでカルチャーに精通している趣味として注目されているのが「カメラ」。 中でも、カメラ本体の可愛さや、可愛らしいカメラ周辺グッズが増えたことにより女性にも人気が広がり、今ではカメラ女子向けの雑誌が出るほどの人気となっています。 ...

この記事のキーワード