アーティストの今がわかる、エンタメ&ライフスタイルWebマガジン

170128_3479

エンタメ

エンタメ

中川大志×飯豊まりえで、胸キュン"カーテンの刑"を再現!映画『きょうのキラ君』完成披露試写会【オフショットあり】

2017 / 01 / 28 Sat.

アーティスト検索:

2月25日から全国公開される映画『きょうのキラ君』の完成披露試写会が、26日都内にて開催。
"キラ"こと吉良ゆいじ役の中川大志、"ニノ"こと岡村ニノン役の飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈。
そして、監督の川村泰祐が登壇した。

中川大志×飯豊まりえで、胸キュン

イベント冒頭では、キラがニノを突然カーテンの中に引き込んでキスをする"カーテンの刑"の場面が、中川大志と飯豊まりえによって再現。
場内が暗転し、ステージ上に設置された巨大カーテンがライトアップされ、2人のシルエットが浮かび上がると、
ほぼ女性の観客からは「キャー!」と悲鳴のような歓声が上がった。
サプライズのパフォーマンスを終えた飯豊は『生公開は初めて! 皆さんキュンキュンしていただけました?』と語りかけると客席から大きな拍手が。

また、イベント中盤、進行役の女性から【同作での経験について】を聞かれた飯豊は
『高校生のときにできなかった青春をぎゅっと短期間で経験できました』と語り、
また、【キラがニノに「チュー...していいっすか?」と問いかけ、ニノがキラに駆け寄りキスをするシーンについて】は、
『このシーンはすごく良いシーンだなあって思ったんですけど、その後『すみません!スチール写真撮り忘れました!』ってスタッフさんが来て(笑)。
もう1度キスをしなきゃいけなくなったときが恥ずかしかったです』と、キスを2回することになったという裏エピソードを披露した。

そして、avex management Webのために撮影してくれたオフショットを特別公開!
キュートなオフショットはこちら↓

中川大志×飯豊まりえで、胸キュン

〜『きょうのキラ君』〜
別冊フレンドで連載され、累計230万部を突破したみきもと凜氏の同名少女漫画を実写映画化。他人と関わることが苦手な"ニノ"こと岡村ニノン(飯豊)が、
学校のクラスメイトで、誰もが憧れる"キラ"こと吉良ゆいじ(中川)に初めて恋に落ちる軸にしたラブストーリー。2月25日(土)より全国にて公開。

■飯豊まりえBLOG
http://ameblo.jp/avex-marie/

■飯豊まりえTwitter
https://twitter.com/marieiitoyo

■飯豊まりえInstagram
https://www.instagram.com/MARIE_IITOYO/

■avex management Web 飯豊まりえ関連記事はこちら↓
http://avex-management.jp/media/tag/%E9%A3%AF%E8%B1%8A%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%88/

avex management 公式アカウントをフォローして、最新の情報を受け取ろう!

人気記事

#Artist Search