Artist

伊藤洋介(東京プリン)

イトウヨウスケ(トウキョウプリン)

アーティストページへ
伊藤洋介(東京プリン) 伊藤洋介(東京プリン)

プロフィール

1963年8月27日、大阪府出身。1997年にプリンを被った謎の2人組新ユニット・東京プリンを結成。全楽曲の作詞を手がけ、代表曲である「携帯哀歌」は日本有線大賞音楽賞を受賞。
東京プリン結成後は執筆活動にも精力的に取り組み、サラリーマンとアーティストという二足のワラジを履く者ならではの経験と視点によるコラムを新聞、雑誌へ寄稿。著書も多数出版している。
また、東京プリンのメンバー牧野隆志の闘病中より制作していた楽曲は『笑顔の大切さ。今を、そして今日を悔いのないように生きることこそが、明日笑っていられる近道』そんな想いを込め、賛同した仲間のアーティストたちの協力を得て完成。
2014年4月30日、東京プリン事実上のラストシングル、東京プリンとたいせつな仲間たち「明日笑っていられるように」としてリリースされた。
現在、歌手・プロデューサー・執筆者としての顔をミクスチャーした独自のスタンスで活動中。

【ラジオ】
ニッポン放送『max matuura の仕事が遊びで遊びが仕事』(毎週日曜夜25:00~25:30)
【著書/雑誌】
雑誌「ALBA」にてゴルフコラム連載中(ALBA 第2、4木曜日発売)
「効いた言い訳」(2005年/ぴあ)
「バブルアゲイン」(2007年2月5日/アクセスパブリッシング)
「実録 現役サラリーマン言い訳大全」(2007年11月/幻冬舎文庫)
「実録 現役サラリーマン言い訳大全2」(2008年12月/幻冬舎文庫)
「麻布十番学園」[書籍版](2009年9月/幻冬舎)
「浅田真央POWER&BEAUTYミラクルボディの秘密がわかる!」(2010年4月/小学館)
「バブルでしたねぇ。」(2011年4月/幻冬舎文庫)
「上司は部下の手柄を奪え 部下は上司にゴマをすれ 会社にしがみついて勝つ47の仕事術」(2013年5月/幻冬舎文庫)

    #Artist Search